WILLIAMS GENGAKKI VIOLINS


■工房ポリシー

 工房運営はWGVパートナーズとして長く技術交流を持ち、制作、修復、修理、調整において豊富な経験と実績を持つ岩崎工房が担当致します。岩崎工房はVSA(Violin Society of America)を始め、連携する欧米を主とした人的ネットワークを通じて、技術面において世界の最先端技術、情報を研究し、日々の修理、修復技術に応用しています。
 工房では演奏者の方とのコンサルティングにより、必要とされる修理、修復、メンテナンス内容のご相談をさせていただきます。演奏者の方のご要望にお応えする為に、音と演奏性能の向上を目指した様々な技術、プログラムをご提供致しております。常に弾きやすい状態を維持すること、自然な発音を行える状態を作ることは、美しいフォーム作りに繋がる、演奏者にとってとても重要な項目となりますので、弊社販売楽器の状態維持に向けて常にサポートして参ります。

 弊社の店頭に並ぶ全ての楽器は、工房において高級パーツ(弊社厳選のパーツ―ぺグ、駒、魂柱、テールピースなど)が弊社独自のセッティングポリシーに基づいて組み込まれ、ストレスや問題点の無い、演奏性能が高い状態で店頭に並べられます。弊社工房では試奏スペースもご用意いたしておりますが、弊社スタッフ、または職人に皆様から細かなご要望をお伝えいただきながら、皆様の理想とされる音作りを目指してサポートさせていただきます。

岩崎工房との技術提携に関するご案内

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
20171月、弊社はWGVパートナーズとして長く技術交流を持ち、弊社と同様、VSA(Violin Society of America)の流れを汲み、制作、修復、修理、調整において豊富な経験と実績を持つ岩崎工房との新たなコラボレーションを開始致します。皆様にはご理解を賜ります様、お願い申し上げます。

岩崎工房紹介)
代表である岩崎清夫氏は植木氏の下で研鑽を積みました。奏法研究ばかりではなく、物理の理論を取り入れた修復、修理、調整技術の応用に高い評価を得ています。クライアントは日本国内ばかりではなく、オーストラリア、ドイツ等にまで及び、世界中からその技術を求めらています。新作からオールドイタリアンに至るまで数多くの修理、修復を手掛けた実績を持つ、日本では数少ない職人の一人です。
WGVパートナーズとしても15年に渡る相互交流があり、弊社職人の技術指導を担当してきた経緯があります。VSAの流れを汲み世界を視野に入れた技術者、製作者であると同時に、楽器の魅力を余すことなく総合的に伝承できるディーラーとして多方面で活躍しています。

 従来のサービスに加え、より進化、発展した形でサービスと技術を統合し、一次元高いソリューションをご提供して参る所存です。これまで以上のご贔屓を賜ります様、どうぞよろしくお願い致します。

 liuteria_iwasakiwilliamsgengakki.co.jp(工房予約、技術内容のお問い合わせ専用メールアドレス)

 ※メールアドレスをコピーしてお使い頂く際は全角@を半角@に変換して送信して下さい。

 メンテナンスプログラム(一例)
  ◆毛替 推奨最高級馬毛 高品質馬毛

 ◆定期メンテナンスプログラム サービスチェックアップ(=SVC
  ※
SVCは楽器本体・弓のコンディションチェックと各パーツの機能確認、潤滑処置、
  弦長等の調整、クリーニング、レポート作成までをセットにしたプログラムです。


 ◆弓 革巻き 銀線巻き 反り直し 折れ修理 チップ交換 フェルル修理

 ◆本体 
魂柱交換 駒作成 はがれ付け 割れ付け 指板交換 ペグ交換 ネック調整 継ぎネック
  ※店頭にて状態確認後、修理、調整項目をご提案差し上げます。
  ※修理終了後、レポートを発行致します。記録、そして次回メンテナンス計画の資料としてお役立ていただきたいと考えています。


 ★★★ ウェブショップにてメンテナンスクーポンを発行中 ★★★

■その他取り組み

 ◆サタデーワークショップ(参加型講習会)

 楽器やメンテナンスに対するご理解をより深めていただく為、弊社ではサタデーワークショップを開催しております。そこでは楽器に関する疑問点への解決策をご提案差し上げたり、工房でのメンテナンス作業の一部を皆様にご体験いただく等、楽しいワークショップの在り方を目指しています。
 安全性を基礎に高い演奏性能を追求する
WGVの毛替え
Rehairing Service

◆弾力性と柔軟性、そして切れにくい粘り強さを持つ良質馬毛を採用
◆職人のハンドピックにより不均一、ねじれ馬毛を除去
◆手作業で三つの楔(くさび)を作り、また、毛束には伝統の解けない結びを施すことにより安全性を重視
◆テンション調整により高い演奏性能を実現

高品質馬毛
(内モンゴル/シベリア等)
安定した演奏性能を実現します

推奨最高級馬毛
(カナダ/イタリア等)

より高度なパフォーマンスを引き出します
 楽器の健康状態を維持し、良好な状態を追求する
WGV定期メンテンスプログラム
サービスチェックアップservice checkup = SVC

 ウェブショップにてクーポン販売中
 ◆2017年夏のメンテナンス特別プログラム実施中
          
 夏の多湿時期、また、秋の本格シーズンに向けて、今から準備を始めませんか。定番メンテナンスプログラム“サービスチェックアップ”を応用し、
2017年夏の特別企画は、魂柱のアップグレードを図ることで、今までとは一味違ったレスポンス、音色、響きをご体験いただきます。

 フル・サービスチェックアップ
(FSVC)推奨オプション魂柱交換(※1)  
 
デラックス・チェックアップ(毛替え含む)(※2)DC)+推奨オプション魂柱交換(※1)

 ※1 魂柱材はイタリア産Abete Rosso 20年熟成/100年熟成(希少古材/数量限定)からお選びいただきます。
 
※2 毛替えには新たに入荷した推奨高級馬毛(2017 Messe Frankfurt展示馬毛)を使用します。

 
 2017年夏のメンテナンス特別
プログラム対象項目
 デラックス・チェックアップ
       Delux checkup (DC)
 フル・サービスチェックアップFSVCに毛替え(推奨最高級馬毛)を組み合わせたお得なプラン

 2017年夏のメンテナンス特別
プログラム対象項目
 フル・サービスチェックアップ
     Full service checkup (FSVC)
 スタンダード・チェックアップSCに加え、魂柱調整や日常的使用範囲内の剥がれ付け、
ニスリタッチを含めた
お得なプラン

   スタンダード・チェックアップ
    
Standard checkup (SC)
 現在の状態確認、弦長調整、機能確認、潤滑、クリーニングを主とした基本プラン

※多くのサービス項目を含めた、お得な各プログラムです。
※それぞれスタンダード、フル、デラックスとご用命ください。

 カスタマイズ項目
■指板:プレーニング/ドレッシング サービス

Planing and Dressing Service
指板のカーブ(丸み)・反り(凹み)の全面調整と、それに伴う前駒の高さと溝調整、
駒の高さと溝、アーチ調整、指板の剥がれ等の確認・処置まで、
指板と駒に係る調整を、範囲を限定せずにトータルでケアするサービスパックです。
演奏性能面でのお悩みや、弾き辛さを解消し、より演奏し易い状態をお作り致します。
WGVセッティングサービス

トータル・セッティングサービス

高乾燥の弊社推奨
Despiau高級材による駒制作、
イタリアのフィエメ渓谷産最高級スプルース材による魂柱制作と、
弊社選別高級パーツによるペグ、テールピース、エンドボタンのフィッティングサービス
VSA(Violin Society of America)に準拠した世界標準のセッティングをご体験下さい。〜

駒・魂柱セッティングサービス

高乾燥の弊社推奨
Despiau高級材による駒制作、
イタリアのフィエメ渓谷産最高級スプルース材による魂柱制作
〜演奏者のご要望に合わせて音色、発音、演奏性能の向上を追求します。〜
 
 メンテナンス項目
クリーニング/ドレッシング サービス


ボディ:クリーニング/ドレッシングサービス
楽器のボディ、内部、駒、フィッティングパーツのクリーニングとポリッシング

弓:クリーニング/ドレッシングサービス
スティックの汚れ除去、フレンチポリッシュがけ、
フロッグ、金属パーツのクリーニングを含め全体の磨き上げ
 
  ニュースレターより抜粋
―工房職人が勧める楽器のメンテナンス―


サービスチェックアップ(SVC)について
 弊社では楽器のメンテナンスプログラムとして“サービスチェックアップ”をご用意しています。楽器のご使用状況にもより ますが、特に季節の変わり目等に、年1回から2回の間隔でのご利用をお勧めしております。“サービスチェックアップ”は楽器本体・弓のコンディションチェックと各パーツの機能確認、潤滑処置、弦長等の調整、クリーニング、レポート作成までをセットにしたプログラムです。

 ◆楽器本体・弓:コンディションチェック〜潤滑処置まで
  ・  表板、裏板、側板の割れ、はがれ等がないか
  ・  指板、前駒(ナット)、後駒(サドル)の状態はよいか
  ・  ペグ(糸巻き)、アジャスターの動きは滑らかであるか
  ・  駒、こん柱の位置関係は良いか、傾き等はないか
  ・  弓のスティック、先端チップ、くさびの状態、スクリュー等のパーツは機能しているか
  ※上記事項を入念にチェックし、各機能部の潤滑処置をおこないます。

 ◆弦長調整

 楽器は、ある程度使用していきますと、テールピースを支えるテールナイロンが伸び、弦長が短くなることで発音や音量に影響を及ぼします。お預かりした楽器のテールナイロンが長くなってきていた場合は、一度テールピースを取り外し、長さの調整を行います。駒も使用していくと傾いてきたり、位置が動くことにより弦長の比率が変わってしまいますので、正しい位置に調整いたします。

 ◆クリーニング全体の調整処置を終了しますと、指板、駒、楽器本体、弓をクリーニングして仕上がりとなります。

 ◆レポート作成処置を行った調整項目、今後必要と考えられる修理項目に関するレポートをご用意し、担当職人によるご説明の後に楽器と共にお渡しいたします。次回以降の調整・修理計画、管理にお役立てください。



■季節により楽器に見られる症状
 季節による環境の変化が、楽器のコンディションに大きく影響を及ぼします。
 湿度計を用いた日々の適正な湿度管理(40-60%)が望ましい
ですが、下記のような症状が見られましたら、お気軽にご相談下さい。

<冬から春先にかけての乾燥時期
  乾燥で楽器の繊維が収縮し、ペグが戻りやすくなり、弦がゆるむ
  表板やコーナーの一部がはがれ、振動音がでてくる
  音はよく出ているが、雑音が混じるように感じる
  指板(ネック)の角度が上がり、弦高が低くなる
  弓の毛が短くなり、ゆるめにくくなる、ゆるまない
 

過去の事例(乾燥時期)

 10台の異常乾燥期には、大きな音を立てて楽器の一部に亀裂が生じたことがあります。

 毛が短くなり、極端な力が加わったことでヘッドが飛んでしまった弓を修理でお預りしました。

<梅雨から夏場にかけての多湿時期
  湿気で楽器の繊維が膨らみ、ペグが動かなくなる
  楽器の発音が悪くなる、重い感じがする
  指板(ネック)の角度が下がり、弦高が高くなり、弦を押さえづらくなる
  弓の毛が長くなり、毛を張りにくくなる

過去の事例(多湿時期)

 東海地方の川辺にお住まいの方のヴァイオリンは、湿気で通常の倍以上の重さになっていました。音も出ず、大変水気が多い状態でした。

 長年毛替えをせず、湿気も含んで、全く張力をかけられない程毛が伸びている弓をお預りしたことがあります。

 

 一年を通じて、特に季節の変わり目は楽器のコンディションに変化が生じます。季節の変わり目を意識しながら、適宜サービスチェックアップを組み入れ、楽器を常に良い状態に保っていただくことで、皆様には快適に演奏をお楽しみいただけると考えております。